LINE@始めました『格安スマホ相談室』

第三者の立場から利用者に合った、格安スマホ選びをメリット・デメリットも含めた上で、お伝えいたします。お気軽にご相談下さい。(相談料:安全無料!

  • 格安スマホに興味・関心はあるけど、内容がよくわからない!
  • 見積もり金額と請求金額が違うのではないかと思い、行動に移せてない!
  • iPhoneを使っているけど格安スマホでもそのまま利用できるのか気になる!
  • ビジネス利用しているのだけど、同じような利用状況でどれくらい安くなるのか気になるetc...。

-当サイト限定特典-

特典:こちらが運営している格安スマホサイト(姉妹サイト)含むを通じて、格安SIMをご契約された方限定特典になります。

特典内容①:次回乗換時に、ご不明点・ご相談ありましたら、"無料"にて承ります。

特典内容②:契約後、6ヶ月間×2GBのパケットギフトを毎月貰えるエントリーパッケージを無料プレゼント!

相談を行う(相談無料)

【格安SIM】mineo(マイネオ)の不安・心配を解消する5つの方法!

【格安SIM】mineo(マイネオ)の不安・心配を解消する5つの方法!

博士

今回は、mineo(マイネオ)を契約するにあたって、様々な心配・不安があると思います。

  • 実店舗が少ない
  • 通信速度が契約後、きちんと使えるかが心配・不安!
  • 大手キャリアにあるサービスがないのが心配!
  • 支払い方法に対しての不安!
  • 初期設定など機械音痴な私でも契約できるのか不安!

何でもそうですが、新しいことを始める際は、”心配・不安“は付き物です。

格安SIMを契約(新しい事)することで、

  • 通信料金が安くなる!

っと一方では、

  • 今の利用料金よりも、高くなるのではないだろうか?
  • 違約金で物凄くぼったくられるのではないだろうか?

最近では、悪質な契約を行う会社も多く消費者心理としても中々、新しい事に対して挑戦しにくい環境になっているのは否めません。

元々、消費者心理としても、”得するより損したくない“という考えで、判断をされている傾向にあるようです。

 

この記事で、少しでも損をしたくない!ということで行動が起こせなかった方の少しでも、後押しになれば幸いです!

格安SIMはなんで、通信回線が遅いとされているの?

博士

まず、簡単に格安SIM会社の通信回線がなぜ?大手キャリア回線を利用しているのに、

遅いと言われているのかについて話していくぞ!

 

上記、画像を見てもらいたい!

これは、仮想通貨のbch(ビットコイン・キャッシュ)という通貨の混雑状況を表した画像なんじゃが、

  • 大手キャリア:広い道路(32車線)
  • 格安スマホ:狭い道路(2車線)

大手キャリア所有の道路を2車線だけ、格安スマホが借りている状態なんじゃ~!

画像でも、わかるように広い道路(32車線)と比べて、

狭い道路(2車線)の所が混み合っているのがわかるじゃろ~!

 

※1)混み合っている=1車線に対して、10人の人が利用している。

結果:渋滞が起きる(通信速度が遅くなる!)

 

格安スマホの当初は、1車線に対して、(少数)の人が利用している。

結果:スムーズに流れる(通信速度が快適!)

 

現在は、格安スマホの認知度が上がったので利用者数が増え、

※1)の状態が起きているのじゃ~。

 

このような仕組みになっている以上、

契約者数が増えれば増えるほど、回線の”通信速度は遅い“状態になります。

 

mineo(マイネオ)のSoftbankプラン(Sプラン)に関しては、

通信速度が速い“回線として注目されていますが、このようなデメリットが発生する可能性があることを覚えておきましょう!

 

格安SIMを上手く利用するコツは、契約期間が短いプランを優先的に選ぶようにして、

万が一通信速度が極端に落ちた場合でも、すぐに乗換られるよう事前準備が非常に大切になってくると思いますので、ご参考下さい。

mineo(マイネオ)回線別・通信速度について

回線au回線docomo回線Softbank回線
通信速度普通普通高速!
料金体系

(全データ容量共通)

(-90)基準(+350)
博士

mineo(マイネオ)は、Softbank回線はオススメ回線になっておりますが、

au回線・docomo回線に関しては、契約者数が多くかなり通信速度が遅くなりがちですので、

コスパがいいとは現時点では言えません。

 

参考ページには、au回線・docomo回線で契約するなら、オススメの格安SIM会社をご紹介していますので、

ご紹介下さい。

参考ページ:

  • 【格安SIM・iPhone】au回線オススメ格安スマホ会社BEST3まとめ!
  • 【格安SIM・iPhone】docomo回線オススメ格安スマホ会社BEST3まとめ!

au回線

博士

このキャンペーンでのauプランは、6カ月間の割引総額は、3回線中最下位です。

Au回線に適している人・適していない人を洗い出してみます。

AU回線に適している人:

  • au端末をお持ちの方

AU回線を適していない人:

auからmineo(マイネオ)乗換(MNP)を検討している方は、

参考ページを参考にみておくれー!

参考ページ:

docomo回線

博士

続いて、docomoプランは、6カ月間の割引総額は、3回線中2番目(真ん中)です。

docomo回線に適している人・適していない人を洗い出してみます。

docomo回線に適している人:

  • docomo端末をお持ちの方

docomo回線を適していない人:

  • 特にデメリットはありません。

docomoからmineo(マイネオ)乗換(MNP)を検討している方は、

参考ページを参考にみておくれー!

参考ページ:

Softbank回線

博士

Softbankプランは、3回線中1番に割引額が高いです。

ですが、そもそもの基本料金が大手キャリア3社どこよりも高いということが挙げられます。

6カ月間はたしかに安くお使いになれるのでメリットもありますが、

それ以降に関してはマイナスでしかありません。

その点は注意しましょう!

 

Softbank回線に適している人・適していない人を洗い出してみます。

Softbank回線に適している人:

  • Softbank端末をお持ちの方

Softbank回線を適していない人:

  • 動作対応端末が少ない!

Softbankからmineo(マイネオ)乗換(MNP)を検討している方は、

参考ページを参考にみておくれー!

参考ページ:

博士

また、LINEモバイルに関しても、Softbank回線”爆速“+(SNSカウントフリー)がついおり、

コスパが高いサービスになっています。

 

mineo(マイネオ)ではなく、ここでLINEモバイルを推すのは、

LINEモバイルは、LINEが運営する格安SIM会社でしたが、Softbankに買収をされ、

現在、Softbank(子会社化)しております。

  • 大手キャリア:Softbank
  • サブブランド:Y!mobile(ワイモバイル)
  • 格安SIM:LINEモバイル

Softbankから格安SIMに移動する客層を取り込みたい動きや、キャンペーンを活発的に行いユーザーを積極的に取り込もうとする動きがあり、利用者側は恩恵を受けやすい状況にあります。

Softbankの子会社化:

通信速度が不安・心配な方

博士

上記の話では、mineo(マイネオ)は、”通信速度が変動する恐れがある“ということについてお話しました。

この話を踏まえた上で、mineo(マイネオ)はやっぱり辞めとこうと思われた方は、

大手キャリアが運営している通信速度が安定している会社:

がオススメです。

  • Y!mobile(ワイモバイル)→Softbank運営
  • UQモバイル→au運営

しており、大手キャリアのサブブランドとして注目されている格安SIM会社になります。

サブブランドと言うと、いまいちぱっとしませんが、この例がありますので、ご参考下さい。

例:

  • TOYOTA(親ブランド)→レクサス(高級車路線ブランド)

mineo(マイネオ)契約にあたる不安・心配まとめ!

実店舗がない不安

博士

mineo(マイネオ)は、格安sim会社の中では特別、店舗数が多い会社ではありません!

格安SIMは、一般的には”自分自身でネットで調べる能力がない方“にとっては、

いくら、安くてコスパがいいサービスだと言っても、かえって余計なサポート費用が別途発生してしまっては、

元も子もありませんので、おすすめできません!

 

そうなってくると、やはり通信料金を大幅に下げることはできませんが、

大手キャリアのサブブランドに乗換を行うだけで、毎月大手キャリアと比べ、

2割ほど通信料金削減が可能になりますので、そちらでご契約することをオススメします!

 

大手キャリアが運営している通信速度が安定している会社:

初期設定etc..できるか不安!

博士

mineo(マイネオ)では、ご利用ガイドと言って、初心者の方でも安心してご利用するにあたっての設定方法を記載しているハンドブックのようなものです。

 

ご利用ガイドでは、下記3点の利用方法をご紹介しております。

  • 初期設定
  • メール設定
  • アカウント/WI-FI(ネットワーク設定)

他にも、アドレス帳移行・LINEアプリ設定・データバックアップなどの設定方法を丁寧にご紹介しております。

 

ですが、記載されている内容が全ての利用者に該当する情報ではありません。

OS・機種によっても変わってきますので、ご自身の機種からアドレス帳移行・LINEアプリ設定・データバックアップの方法などを検索するなりして調べる必要があります。

mineo(マイネオ)利用プラン別:

支払い方法に対しての不安!

博士

格安スマホ業界では、何故?支払い方法がクレジットカードがメインになっているのかまとめてみます!

  • MVNO(格安スマホ)事業者の”料金未払いリスクを減らす”ことができる!
  • 滞納者に対して、回収する手間を省くことができる!
  • クレジットカードを担保に支払いを積極的に行わす!

mineo(マイネオ)申し込みを行い、審査落ちになる原因で最も多いのが、”クレジットカード(信用問題)“です

過去の支払い履歴なども確認されるので、気をつけましょう!

 

また、格安スマホ業界の親会社は、クレジットカードの分野にも進出している会社が多く、

最近では、YJカードとmineo(マイネオ)の相性が悪いとされており、過去の支払い遅れがなくても審査落ちするケースがあるようです。

  • YJカード(Softbank)
  • 楽天カード(楽天)

 

色んな書き込みを見てみると、YJカードは海外のクレジットカードとして検知されるなどの情報をありましたが、

なぜ信用に問題がなくても通らなくなるのかは疑問が残ります。

Softbank(ソフトバンク):

  • Softbank(親会社)
  • ワイモバイル(子会社)
  • LINEモバイル(子会社)

楽天:

  • 楽天(第四のキャリアとして参入を表明!)
  • 楽天モバイル(子会社)

これは、かなり憶測の話になりますが、Softbankは格安スマホに参入しており、

mineo(マイネオ)は言わばライバル関係にある会社です。

 

YJカードを利用させると言うことは、mineo(マイネオ)の契約者を伸ばす手助けになるとも取れます。

そうなると、意図的に格安スマホでは利用できない流れを作ることも可能性としてはできるのかな~っと推測しています。

 

結局、考えた所で答えは出ませんが、こういう裏事情もこういう問題には関わっているかもしれません。

1つの参考程度に、聞いてもらえたら幸いです。

 

また、クレジットカードを持っていない方でも利用できる格安SIM会社を参考ページでご紹介しておりますので、

ご参考下さい。

参考ページ:

  • 【徹底比較】デビットカード・LINEPayが利用できる格安SIM・スマホまとめ!
  • 【徹底比較】口座振替が利用できる格安SIM・スマホまとめ!
  • 【徹底比較】銀行振込・コンビニ払いが利用できる格安SIM・スマホまとめ!

Jアラートが対応していない

博士

mineo(マイネオ)に限らず、格安SIMでは、緊急地震速報(Jアラート)な鳴らない!という情報が流れておりますが、実際はそんなことはありません!

 

Twitterの方も話しているように、緊急地震速報(Jアラート)は、

  • 通信契約会社→行っているサービスではない!
  • スマホ端末→アプリを導入することでも対応可能!

参考ページには、格安SIMをご契約する上で、使えるアプリをご紹介しておりますので、ご参考下さい。

参考ページ:

安すぎて逆不安になる

博士

mineo(マイネオ)に限らずに、言えることなのですが、

格安SIM・スマホと言うと、まだまだ認知度が低いのが現状です。

 

日本人の特徴は”何事も保守的”な人が多い傾向があることから、

新しいこと(自分がわからない分野)について、怪しいやその分野の外見だけを見てわかった様子で話している人を多く見かけます。

 

そういう人達が、決まって格安SIM・スマホに対する印象は、

  • 安かろう悪かろう
  • 格安SIM・スマホを利用する人達は貧乏!

大手キャリアを利用している自分達を正当化する為に、このような表現をしているのではないかと疑うほどです。

参考ページに詳細については、記載しておりますので、ご参考下さい。

参考ページ:

通信速度が不安・遅いを違約金なしで確認する方法!

博士

では、これから乗換(MNP)を行い、mineo(マイネオ)に乗換を行おうと考えていると思うのだが、

契約後、通信速度が遅くて即解約!“になるのは、絶対に避けたいという利用者に向けてお話していくぞ!

 

まず、音声通話SIMを最初から契約してしまうと、”通信速度が遅くて使えない!“っとなった時に、

MNP転出を行う際(解約手数料(違約金))が発生してしまいます!

※MNP転出を行わない場合に関しては、解約手数料(違約金)は発生しません!

 

万が一、解約を行う場合に違約金が発生しない方法をまとめてみます!

  1. プリペイドパックの利用
  2. データ通信SIMの契約
  3. 音声通話SIM【新規・サブ機利用】の契約
    • ※MNP転出はしない前提!

この3つの方法で

  • 契約プランから通信速度を確認する方法・金額
  • 契約プランから音声通話SIMに変更を行う手順・金額

をシミュレーションで算出して、”最安値で通信速度“を確認する方法をご紹介いたします!

プリペイドパックの利用

▲mineoプリペイドパック▲

料金データ容量利用期限使えないサービス
料金:3700円(税抜)1GB最大2ヵ月
  • 音声通話
  • キャリアメール

まず、mineo(マイネオ)では、”プリペイドパック“というお試しプランを提供しております。

プリペイドパック対応回線:

  • au回線:○
  • docomo回線:○
  • Softbank回線:×

mineoプリペイドパックを利用することでのメリット!

  • 通信速度・電波エリアを”自宅・仕事場・外出先で確認する“ことができる。
  • 格安スマホの通信速度で、”動画をストレスなく見れるのか確認する“ことができる
  • 持っている”スマホにSIMカードを指して使えるかを確認”することができる。
  • 契約事務手数料(3,000)が無料!
  • 解約手数料(違約金)が発生しない!

mineoプリペイドパックを利用することでのデメリット!

  • デュアルタイプ(データ通信+音声通話)に変更の場合はSIM引継ぎ不可!
  • auプラン⇒docomoプランその逆も同様に、変更ができない!
  • 変更回数が2回行わなけば、ならないので時間が掛かり、やや面倒くさい!

通信速度を確認して解約する方法・金額:

  • プリペイドパックを利用します(¥3700円
  • 解約の流れ:
    1. 通信速度確認後
    2. 解約!
  • 通信速度(確認費用):¥3700円(※1)

契約プラン→音声通話SIMに乗換手順・金額:

  • 音声通話SIM移行流れ:(変更回数2回
    • プリペイドパック⇒データ通信SIM変更
    • データ通信SIM⇒音声通話SIMに変更
  • 音声通話SIM変更に掛かる費用:
    • 変更事務手数料:2,160円(※2)
    • SIMカード発行料:(+α
      • auプラン(Aプラン):248円
      • ドコモプラン(Dプラン):368円
      • ソフトバンクプラン(Sプラン):363円
  • トータル合計費用(※1+※2+α):¥5,860α円

データ通信SIMの契約

データ通信SIM対応回線:

  • au回線:○
  • docomo回線:○
  • Softbank回線:○

データ通信SIMを利用することでのメリット!

  • 通信速度・電波エリアを”自宅・仕事場・外出先で確認する“ことができる。
  • 格安スマホの通信速度で、”動画をストレスなく見れるのか確認する“ことができる
  • 持っている”スマホにSIMカードを指して使えるかを確認”することができる。
  • 解約手数料(違約金)が発生しない!
  • 変更回数を1回で済ますことが出来る!

データ通信SIMを利用することでのデメリット!

  • 音声通話SIMに変更するのに、時間が掛かる!

通信速度を確認して解約する方法・金額:

  • データ通信SIMを利用します
    • データ通信SIM(月額費用):(+α)
    • 契約事務手数料:3,240円
  • 解約の流れ:
    1. 通信速度確認後
    2. 解約!
  • 通信速度(確認費用):¥3,240α円(※1)

契約プラン→音声通話SIMに乗換手順・金額:

  • 音声通話SIM移行流れ:(変更回数1回
    • データ通信SIM⇒音声通話SIMに変更
  • 音声通話SIM変更に掛かる費用:
    • 変更事務手数料:2,160円(※2)
    • SIMカード発行料:(+α
      • auプラン(Aプラン):248円
      • ドコモプラン(Dプラン):368円
      • ソフトバンクプラン(Sプラン):363円
  • トータル合計費用(※1+※2+α):¥5,400αα円

音声通話SIM【新規・サブ機利用】の契約

音声通話SIM対応回線:

  • au回線:○
  • docomo回線:○
  • Softbank回線:○

音声通話SIMを利用することでのメリット!

  • SIMカードの変更を行う事なく利用できる!

音声通話SIMを利用することでのデメリット!

  • MNP転出を行う解約の場合、高額違約金が発生してしまう!

通信速度を確認して解約する方法・金額:

  • 音声通話SIMを利用します
    • 音声通話SIM(月額費用):(+α)
    • 契約事務手数料:3,240円
    • MNP転出を行う場合:10,260円
  • 解約の流れ:
    1. 通信速度確認後
    2. 解約!
  • 通信速度(確認費用):¥13,500α円(※1)

契約プラン→音声通話SIMに変更手順・金額:

  • 音声通話SIM移行流れ:(変更回数0回
    • 音声通話SIMを継続利用!
  • 音声通話SIM変更に掛かる費用:
      • 費用は掛かりません!
  • トータル合計費用(※1):¥13,500α円

まとめ

博士
  1. プリペイドパックの利用
  2. データ通信SIMの契約
  3. 音声通話SIM【新規・サブ機利用】の契約
    • ※MNP転出はしない前提!

3つの、契約体系から最もリスクなく利用できるのは、以下の通りになります。ご参考して頂けましたら幸いです。

比較プリペイドパックデータ通信SIMカード音声通話SIMカード
損をしたくないなら!2位1位3位
面倒を避けたいなら!1位
新規電話番号で利用するのが問題ないという方!1位